CASTING DIRECTOR BEN GRIMES INTERVIEW JAPANESE TRANSLATION

IMG_7041

ご出身はどちらになりますか?

ロンドンです 。

 

仕事のベースはどちらですか?

ノートパソコンがあるところなら、どこでも。

 

キャスティングディレクターの一番の大きな役割を教えてください。

私たちの一番の仕事はクライアントにモデルを手配することです。私たちは彼らに提案し、意見を述べつつ、モデルの採用・不採用を進めていきます。クライアントの代わりに交渉をしまた必要であれば、最終的な決断も下したりもするんです。

 

何がこのお仕事を始めるきっかけでしたか?

正直言えば、自分がモデルとしての仕事が少なくなってきたのがきっかけでした。27歳になって、ファッション以外での経験がないことも気がつきました。そんな時にとても仲の良いスタイリストの友達が、私にはどの女の子がどんな撮影に合うか見極める良い視点があるということを言ってくれました。そこで、私はプロダクションで働いている、知っている全ての人にメールしたのです。Angus Munroが一番はじめに返事をくれて、2ヶ月後には私は彼のアシスタントとして働き始めました。今でも、世界的なファッションウィークの際には彼と彼のパートナーであるNoah Shellyの仕事を手伝ったりしています。彼らはずっと、そして今でも私の師匠であり、キャスティングのやり方について学ぶことは多いです。彼らは人としてその過程を続けること、そして引き際はいつなのか教えてくれました。

 

モデルを手配する以外、例えばロケーションやフォトグラファーなど要望に応じて探したりすることはありますか?

フォトグラファーが私にコンタクトをくれさえすれば、モデル探しは私だけでできます。ロケーションを探しは一切していません。女の子を探すので一杯ですね。

 

どのようにしてクライアントを広げていますか? 何がクライアントにあなたに連絡するよう導くのでしょうか?

クライアントは自然に広がっていくと考えています。ビジネスを大きくする一番の方法は、請け負ったすべての仕事を一生懸命やる、そしてあとは口伝いで人脈が広がることを願うだけです。私は可能な限りエディトリアルの仕事をするという、従来の方法で始めました。ロンドンではたくさんのエディトリアルの撮影が行われていて、たくさんのフォトグラファー、スタイリストそして雑誌が必要としてくれています。

 

仕事を始め、次第にフォトグラファーがスタイリストを紹介してくれて、スタイリストはフォトグラファーを紹介してくれました。そしてフォトグラファー、スタイリスト両方が、雑誌を紹介してくれて。それがやがてルックブックや広告など仕事にもつながっていきました。謙虚にそして一生懸命働けば、自然に広がって行くのだと思います。

 

エディトリアルの仕事はあなたにとって重要な位置を占めていますか?

確実にそう言えますね。一緒に働きたいと願っていたチームと仕事ができるのはエディトリアルでの機会が多いです。また、ファッションのクリエイティブな側面が強いので、自分の想像力を普段より使い、イメージを作っている一員としての実感を強く感じることができます。

 

今まで一番興奮したプロジェクトを教えてください。

私はちょっと変なのですが、ストレスを感じる時にわくわくするみたいです。この間、フォトグラファーがパリでの表紙のための撮影前日に、モデルを指名してきたことがありました。モデルの女の子はその時、たまたまカプリ島にいたので、彼女を撮影に間に合わせるには、まず朝の5:30にボートに乗らせ、タクシー、飛行機、バイク、そして彼女の荷物用のタクシーを手配しなければなりませんでした。これらを手配するのには異様にハラハラしました反面とても達成感がありました。

 

この仕事をしていて一番幸せに感じるのはどんなことですか?

仕事をしているときは、とても没頭しているので気晴らしに良い音楽があるといいですね。あと、仕事の後で良いフィードバックをもらえるとすごく嬉しいです。あとは会話に時間を割いてくれるエージェントは嬉しいですね。パリのエージェントは、仕事についてよくコミュニケーションをとってくれます。あと、ライスケーキを食べられる休憩時間も大好きです。

 

それでは、仕事で大変なことはなんでしょうか?

計画をまとめる事とクライアントの期待を満たすことです。フォトグラファーに何故、モデルが撮影できないのかを説明するのは一苦労です。また、モデルに仕事を断る時も大変です。モデルとしての経験があるので、オーディションなどで良い結果を願いながら待たされて、その結果仕事がもらえなかった時のがっかりする気持ちがよく分かります。自分が無情な人間に思えてくるので、今でもこの辺りは苦労しています。

 

最近のモデルのトレンドのスタイルはどんなものですか?

パーソナリティがあるモデルの女の子たちです。2000年中期に個性を消したスタイルのモデルが流行りましたが、そこから大きく変化したと思います。ソーシャルメディアに声を与えられたことによって、モデルの男の子・女の子たちが自分を自由に表現しているのは見ていて楽しいですし、クライアントもそれに対しポジティブに応えているのは嬉しいです。モデルたちに力をって!

 

IMG_7042

あなたはモデルとしても、とても有名ですね?モデルとしての仕事で特に印象に残っていることはありますか?

そんことはないですよ。今私は、モデル時代のことをあまり考えなくなっています。だけど、いくつか素晴らしい瞬間もありました。一番感慨深い仕事は、Helmut Langのショーで歩いたことです。今でも彼のショーをみると自分が歩いているような気になります。

 

モデルとしての経験で、今の仕事にいかされていることはたくさんありますか?キャスティングとモデルの相似点を教えてください。

モデルは外見が良いだけでなく、クライアントがモデルといて十分に満足し、良い日を過ごせたと思ってもらえるように努めることが重要であると教えられてきました。ですから、その点をキャスティングの仕事でも常に意識しています。

 

私はクライアントが気楽にいられるよう、私と良い時間が過ごせるように時には冗談を言ったりしてその場を和ませたりしています。そして、モデルとしての経験はモデルに対し親切にし、話たり、彼らの調子を聞いたりするのかがいかに大切であるかを教えてくれました。例え仕事が得られなくても、モデルたちは平常心でその場を立ち去らなければいけません。私は彼らを人間として尊敬をもって接しているので、1日に何百人ものモデルに会うのは大変ですが、常に笑顔でいるように心がけています。

 

 

私たちは、何度かキャスティングディレクターとして参加していただき、非常に嬉しかったです。とても信頼でき、行動が早く、またあなたの感性はとても素晴らしいです。自分の仕事において特に何に注意していますか?

私はいつも良い結果になるように努めています。そのためにコミュニケーションをとり、フィードバックをしてもらうようにしています。一緒に働いたあるスタイリストの方はこのことを「20の質問」と呼びました。しかし、私がより多くのことを知っていることでクライアントが必要とするモデルを思い浮かべることができると思うのです。

 

また、私はより新しい女の子をキャスティングすることにも注力しています。色々なことがやりつくされた飽和状態の市場でも目立たせることができるからです。同じことが、似かよった撮影を沢山してきたキャリアの長い女の子についても言えます。いつもと違う撮影で彼女の新たな一面を引き出してあげるのです。今まで誰も見たことがないような撮影をセッティングするのは楽しいですね。

 

知識も、重要です。私の親友は、知識は武器であると常に教えてくれます。そのため、私はモデルについて、どこに誰がいて、いつ、何をしているか可能な限り把握するようにしています。共に働くすべてのカメラマンとスタイリストにも、それはあてはまります、彼らの好き嫌いを知っておくことによって、最善の提案ができるようになるからです。

 

ファッション・ショーからエディトリアル、コマーシャル、その他まで幅広くお仕事をなさっていますが、特に専門としている分野はありますか?また、各々の種類の仕事へのあなたのアプローチの仕方を教えてください。

各々の仕事は異なりますが、私のやることは同じ、女の子を見つけることです。

キャスティングの仕事で一番プレッシャーを感じるショーでモデルを振り当てるやり方を学びましたが、経験のおかげで今ではショーの間が一番自信をもってできます。

ショーでは、とても限られた時間の中で、素早く行動し決断を下し、またデザイナーの予算に応えつつ、すべての事と人を取りまとめる必要があります。それから、すべてのモデルを確実に、時間通りにかつ適切な場所へと手配しなければなりません。

 

ショーのためにとてもとても長い時間とハードな日々が続きますが、ショーのサーカス団で旅しているような部分、そしてもちろんショー自体もいつもとても楽しんでいますよ。全員の女の子がフィナーレを歩く姿をモニター越しに見るときは本当に素晴らしい瞬間です。エディトリアルの仕事では、先ほども言ったようクリエイティブな仕事をする機会がより多くあり、本当に尊敬するチームとともに密接に働けます。

広告の仕事では、モデルの予算、そして交渉が全てです。私はエージェントとの交渉を楽しんでいます。

 

キャスティングディレクターの観点から、何が今のファッション業界の面白い点であると思いますか?そして、どんな部分が以前と異なっていますか?

デジタルへの強迫観念がついに飽和するかどうかには、興味を持っています。最近、よりたくさんのフォトグラファーが再びフィルムでの撮影を行っています。また多くの雑誌が減る中で、より緻密な美学が生まれています。人々は、再び本物の品質を求めているようです。あなたの雑誌がそれの良い例であると思います。静かで、目立とうとして仕掛けを作ったりしません。

 

また、フォトグラファーとスタイリストが、あまりに多くの要求をするクライアントに対し、反抗し始めるかどうかにも興味があります。一日で15ページものエディトリアルや、膨大な量のルックブックの撮影を製作するよう命じるようなクライアントがいて、撮影のチームからは、この圧迫が大変であることと、時間の制約により彼らのできることが狭まってしまっているように感じているとよく聞きます。この状態がどのような結果をもたらすか観察しています。

 

この仕事は人とコミュニケーションをとることが最も重要な部分であると思いますが、多くの人、違う文化や国の方々と働かれて、何か学んだことはありますか?

はい。ただ、私はとても知りたがりやな性格なので、何かを学ぶということは自然のことであるように感じます。以前、学校の歴史の授業であまりに多くの質問をして、追い出されたことが一度ありました!

 

これからキャスティングディレクターを目指す人にあなたはどのように彼らはスタートすべきであると思いますか?

まず、何よりもファッション業界全体の構造を理解することが必要です。そのために私でしたら、できる限り多くのフォトグラファーやスタイリストのアシスタントをします。雑誌やプロダクション、そして勿論、モデルエージェンシーやキャスティングディレクターの下でもインターンをすべきだと思います。全ての人の仕事のプロセスへの深い理解がこの仕事をうまくやるコツなのです。

 

もし今、何かチャレンジしたいこと・仕事などがあれば教えてください。

私は今、集中していることにとても満足しています。いくつか将来的にやってみたいこともありますが。

 

近年、雑誌においてキャスティングディレクターの役割は非常に強まっています。

最近の仕事に対して、どう感じられていますか?

キャスティングは仕事としてまだ新しく、職業として現れてきている最中です。

キャスティングディレクターは90年代終わりに現れ、2000年代に成長しました。多くの雑誌、フォトグラファー、スタイリストがキャスティングディレクターたちと喜んで一緒に働く理由は、他の誰かがモデルの女の子を手配し、彼らの最新の撮影での写真をみせることに時間を割くことで、自分自身の仕事に集中できるからです。私は自分の仕事がとても好きです。日々、変化があり、とてもエキサイティングです。ショー、エディトリアルそして広告においてチームと共に彼らの作りたいビジョンを作り上げることに、とてもやりがいを感じています。

MARK STEINMETZ INTERVIEW JAPANESE TRANSLATION

mar1

 

ご出身はどちらですか?

はっきりとしたルーツがない様に思っていて、答えるのが難しいですね。マンハッタンで生まれのボストン地域で育ち、それから高校時代にはアイオワに移りました。(アイオワは国の中心でしたが、とても田舎でした。)今は南に住んでいますが、自分はどこから来たか自問した際には、北と答えるでしょう。私の両親はヨーロッパ生まれで、母はフランス人、父はオランダ人です。

 

育った場所はどんな所でしたか?

子供のときに過ごしたボストンの近くの場所は閑静な場所でした。近所には多くの木や古い木で囲われた家がありました。友達とやんちゃして遊んでいたので、近所迷惑をしばしばかけていたと思います。

 

今はどんな所にお住まいですか?

今はジョージアのアセンズに住んでいます。アトランタからそう遠くない、大学がある街です。音楽の街として有名で、The B-525, REMS, Vic Chesnuttなどもここから出ています。湿気が多い温暖な気候で、多くの若いクリエイティブな人々が住んでいます。

 

初めてカメラを購入したのはいつ頃ですか?

私の両親は早くにカメラを与えてくれたんです。6歳かそれ以前には既に写真を撮り始めていたと思います。13歳の時には既に現像できる暗室もありました。

 

これまでのキャリアや作品の中で、何かターニングポイントとなった出来事があれば教えて下さい

写真においてのターニングポイントは沢山ありましたが、言葉にするには色々細かなことがあって難しいですね。「キャリア」については写真とは異なっていると考えています。ニューヨーク近代美術館で展示をしたことは大きな出来事でしたし、グッゲンハイム美術館で奨励金を得られたこともターニングポイントであったと思っています。

 

一枚一枚の写真もとても素敵ですが、あなたの作品は組み写真で見るとより魅力が増す気がします。写真を編集・組み合わせるときに特に注意していることはありますか?

撮った写真の一枚一枚が個々でも強い魅力があることが大切ですが、確かにグループ化することにより、作品がより魅力を増すということはありますね。見開きの写真集に作品を掲載することが多いので、ページとその対となるページの写真の組み合わせには特に注意を払っています。

 

 

今回、Unionにコントリビュートして頂いた写真について教えてください

これらの写真は、この春から初夏にかけてヨーロッパを旅した際に撮影したもので、ほとんどの写真は6x7でストリートをありのままに撮影したものですが、中には人々に撮影許可を得てから撮ったものもあります。これらは今までに未だ見せたことのない新しい作品ですよ。

 

この旅ではなぜ、この国々を選んだのですか?

ベルリンとミラノで講義をする予定があったんです。また、パリとブリュッセルでは展示会がありました。アイルランドには瞑想修行のために訪れたのですが、そこで撮った写真も入れました。

 

mark2

写真を撮るための旅行は、夏によく行かれるのですか?

これまで夏に旅行をする時間が一番あったのでよくしていましたが、最近は大学のスケジュールによって行けなくなったこともあり、色々な時期に旅に出ています。今住んでいるところは夏はとても暑いので、どこか涼しい場所にいけたらいいですね。夏に家にいるときは比較的涼しい快適な暗室で多くの作業をします。人は夏になると、快適なところを求めるようにできているんだと思いますよ。

 

光は国によって違うと思うのですが、なにか特徴のある光がある国があれば教えてください。

常套句のようですが、イタリアの光は特に際立っていましたね。おそらく細長い半島が、地中海とアドリア海に囲まれているせいでしょうか。海岸近くの柔らかい光が好きです。

 

カメラをいつも携帯していますか?

何にいつ出会えるかわからないので、ほとんどの場合カメラを持ち歩いています。でも実は先日、近くの川で初めてカヤックをしたのですが、その時はカメラを持って行きませんでした。カヤックが転覆する可能性があると言われたのと、私はめったに自然の写真を撮らないからです。ただこの時に川の中心に立つ牛に遭遇して、写真に収めたかったのですが大きなチャンスを逃しました。

 

撮影する際にどんなことを考えていますか?そしてシャッターを押す時に特に注意していることがあれば教えてください。

私は深く考えすぎず、ただそこに存在しているようにしています。写真を撮るときは大抵被写体に夢中になっているので自ずと無心になり、思考が止まっていますね。

 

Nazraeli Pressから何冊かの素晴らしい本を出版されていますが、この出版社を通して本を出している理由はありますか?

私はNazraeli Pressから7冊の素敵な本を出版しており、8冊目が現在進行中です。私たちはいつもうまく協力し合って写真編集や構成を考えます。彼らの製品品質はとても高いのも、この出版社から出している理由ですね。

 

写真を始めた当初のものから今に至るまで、あなたの作品のスタイルは完結していて美しいと同時に、ミニマリズムな印象を受けます。写真とは撮るにつれて徐々に洗練されていくものだと思いますか?それとも才能が最も重要な役割を果たしていると思いますか?

写真家に才能は必要であると思いますが、写真を通して何か言いたいことがあり、そしてそれを強く表現することも重要であると考えています。

また、勤勉かつ誠実であり、客観視して正直に自分の作品について捉えることができる能力も必要であると思います。自分の失敗を認識できることが必要なのです。

 

写真で一番面白いことは何だと思われますか?

あるものを特定の場所・時間から引き抜き、そしてそれを違う場所や時代の誰かと共有することができるところです。

 

写真はリアリズムの一種であると思いますか?それとも、虚構の世界であるものと思いますか?

私はそれが世界への窓口となるような写実的な写真を撮ることに興味がありますが、たしかに虚構の世界であると思います。紙の上で一定の長方形のフレームに切り取られ、編集されていますし、聴覚・味・触感・匂いなどが全て遮断されていますから。また、動作の前後もやはり除外されています。私たちの視覚はカメラのレンズを通したものと、まるっきり同じではないのです。

 

mar3

何が良い写真作っていると思いますか?

私は良い写真とは人を驚かすことができるものであると思います。

そしてまたある写真家によっては、その人がそれまで修練したものや心をも映し出しているものも良い写真なんだと思います。

 

よく子供を写されていますが、彼らが被写体として魅力的な理由を教えてください。

子供たちは成長と変化の中で、混濁の中にいます。大人たちが動かしている困惑させるような世界をまさに捉えられようとしている、そんな彼らの顔や体はとても興味深いと思うのです。

 

あなたが写真を始めたころの写真と今の写真に違いがあると感じますか?

昔から今までの過程の中で、多くを精錬してきましたが、人の些細な出来事を撮り続けているというスタイルは変わっていません。今まで、理解しがたいようなものを作品にしたことはありません。

 

どのカメラを使用されていますか?中判カメラの方が35mmよりよく使われていますか?

35mmカメラは昔使っていて、今でも場合によっては使用しています。私の作品で知られているもののほとんどは6×9カメラで撮影したものですが6×4.5や6×7カメラも使っています。今回のヨーロッパ旅行では軽くて、コンパクトかつ静かな、6×7のフジカメラを使用しました。ただ、カメラの焦点距離を測る機能がいつのまにかオフになったままだったらしく、多くの写真のフォーカスが甘くなってしましました。

 

今までにファションの撮影はされたことはありますか?また、そのような撮影に興味はありますか?是非見てみたいのですが。

はい。先日ロシア版エスクワイヤーの撮影でファションを撮影しました。友達をモデルとして選ぶように頼まれ、パリで撮影しました。その時はメンズファションだったので、良いモデルがいれば、ウィメンズのファッション撮影もしたいですね。ただ、たいていのファション撮影は私のテイストには合わない、やりすぎのメイクアップやヘアスタイリングだと感じるのです。

 

尊敬するフォトグラファーやアーティストはいますか?

最近の写真ではGarry WinograndとRobert Adams。他にもたくさんいますが。あと、画家のGiorgioneと作曲家のBelliniはずっと尊敬しています。

 

次に撮影してみたい場所はありますか?

アメリカとヨーロッパしか行ったことがないので、もっと世界中を見たいですね。秋にはタイに行く計画をしています。ヨーロッパでしたら、ベルリンとローマでもっと撮影したいと思っています。

 

次にしたいこと、そしてエキシヒビジョンの予定があれば教えてください。

今年の終わりにNazraeliから小さい野球リーグが載った“Players”というタイトルの本を出します。そして2015年1月にはニューオリンズのOgden Museum of Southern Artで大きな展示があります。

 

From Union Issue 06.

OLA RINDAL ORIGINAL PRINT ON SALE

1TOKYO FLOWERS ¥58,000+TAX   IMAGE 185 × 271 FRAMED 290 × 382 mm. EDITION 1/1.

 

2FLOWER ¥54,000+TAX   IMAGE 185 × 271 FRAMED 290 × 382 mm. EDITION 1/1.

 

3CAR ¥50,000+TAX   IMAGE 185 × 271 FRAMED 290 × 382 mm. EDITION 1/1.

 

4CURTAIN ¥50,000+TAX   IMAGE 185 × 271 FRAMED 290 × 382 mm. EDITION 1/1.

 

5DANDELION FLOWER ¥58,000+TAX   IMAGE 185 × 271 FRAMED 290 × 382 mm. EDITION 1/1.

 

To oder the photographs, Please contact us by email.

 

mail@union-mag.com

 

YOSHIYUKI OKUYAMA ORIGINAL PRINT ON SALE

6GLASS ¥48,000+TAX   IMAGE 185 × 271 FRAMED 290 × 382 mm. EDITION 1/1.

 

7PINK FLOWERS ¥50,000+TAX   IMAGE 185 × 271 FRAMED 290 × 382 mm. EDITION 1/1.

 

8BOY ¥50,000+TAX   IMAGE 185 × 271 FRAMED 290 × 382 mm. EDITION 1/1.

 

9WINDOW ¥48,000+TAX   IMAGE 185 × 271 FRAMED 290 × 382 mm. EDITION 1/1.

 

10BLUE ¥48,000+TAX   IMAGE 185 × 271 FRAMED 290 × 382 mm. EDITION 1/1.

 

11ROSE AND BUILDING ¥50,000+TAX   IMAGE 185 × 271 FRAMED 290 × 382 mm. EDITION 1/1.

 

To oder the photographs, Please contact us by email.

 

mail@union-mag.com